ERP(Enterprise Resource Planning)│PLMとインタンジブルズ・マネジメントのTOPWELL

サイトメニュー
ERP(Enterprise Resource Planning)
TOP > ソリューション > ERP(Enterprise Resource Planning)
ERP(Enterprise Resource Planning)とは
全ての業務のVALUE CHAINを最適化する為に、基幹業務の革新が必須です。
この中で、以下の3つを骨子としています。
■各業務プロセスのスピードUPと精度向上
■発生する様々な情報をモニタリングし、「カイゼン活動」「視える化」の支援
■得意先・取引先とのコラボレーション
ERP構築におけるKeyword
TOPWELLは、お客様の製造業に於けるビジネスビジネスモデルを分析し、業務の在り方をご一緒に検討します。
その中で、最適なソリューションをご提案します。
次に、以下の事をご提案のKEYWORDとしています。
■生産管理スタッフは「情報加工業」であり、情報工程の改善は日常業務である。
■縦割り組織のバケツリレー情報伝達から「横串し」のブロダクト中心組織による、情報連携が必須である。
■製造部品表(M-BOM)の維持メンテは、生産技術部門で実施すべきである。
■モノの加工と移動が情報化されたBOM構造が必須である。
生産管理スタッフは「情報加工業」であり、情報工程の改善は日常業務である。
欠品や品質不良など日々様々な異常が発生します。 また、モニタリングから目標値に遠く届かない事態が発生します。
その中で、早く発見し、早く対策を打つ「加速度重視」のマネイジメントが求められています。
そのプロセスを関係者全員でモニタリングする流れの情報工程をITは支援すべきと考えています。
縦割り組織のバケツリレー情報伝達から「横串し」のブロダクト中心組織による、情報連携が必須である。
部門間の壁にて、情報の繋がりがリアルでなく、バッチ的な情報連携の場合、生産計画の変動を調達部門に伝わっていなく、欠品や過剰在庫の原因になるケースがあります。
従って、プロセスの上流から下流まで一気通貫に、見渡して意思決定する必要があります。
また、同一ビジネスモデルでありながら、部門固有システムを構築するなど、
不効率なシステム開発を行うケースがあります。
従って、部門間を超えた横串の仕組みをご提案します。
製造部品表(M-BOM)の維持メンテは、生産技術部門で実施すべきである。
生準部品表と製造部品表の定義をします。
工程設計などは一般に生産技術部門が定義します。 
そして、荷姿・生産LOT・リードタイムなどは生産管理部門が行い、製造部品表が完成します。 
では、生産管理部門が工程設計に至る情報をメンテナンスした場合、設変情報がタイムリーに連携できず、
欠品また過剰在庫の要因になりかねません。
従って、製造部品表の骨格(品目、構成、工順)は、生産技術部門が行うべきです。
モノの加工と移動が情報化されたBOM構造が必須である。
製造部品表はものづくりの最新情報を設定します。 
その情報は、「加工と移動」の要素を定義しなければなりません。 
例えば、ものに添付される「現品票」に例えると、 品番、品名以外に、
搬入場所、置場、荷姿、作業区と工程、投入先後工程などが必要です。
また、生産計画立案に必要な加工時間など、また調達に必要な商流なども必要になります。
TOP > ソリューション > ERP(Enterprise Resource Planning)